日曜日唐松ミーティングに行けなかったので来週土曜日唐松アタックします
多分練習仕様7時スタートくらいかな(起きられないこと多々あり)
体重と装備考えると48分台が出ればいいところか?

箕郷から榛名山に登るルート県道126号
通称"唐松"
自分が初めてヒルクライムしたルートであり、ホームコースでもある。

家から13kmくらいなので市街地を抜け流しつつ200mUPで30分強でつくかな
コースプロファイルは12.5km 平均勾配7.6% 最大勾配16% と
どこかで見たことあるけどSTRAVAだと若干違うかな。

平均勾配だけ見ると特出したとこはないけど前半は緩斜面で下りもあり
中盤に激坂、終盤は平均勾配10%と実はタフなコース、だと思う。
信号はないので赤城旧道みたいに止まられられることもなし。
自分のPBは今年の6月の単独TTで43分16秒 一応KOM

ここからは唐松TT時に気をつけていることを書いてみる、走り方によって個人差はあると思う
唐松コースというとまず第一に7km地点くらいか?宗教手前の激坂がクローズアップされるけど
ここの攻略は特に難しく無いと思う、34-28一定パワーで回す、ダンシング基本的にしない
次の小屋横激坂は短いのでダンシングでさくっとクリア
ゲートを過ぎて植林地帯の激坂は13%位なのでシッティングのまま回す
つまりなところ、急勾配区間の攻略は難しくない、一定パワーでグリグリまわす。
ダンシングはほぼしないラストのダッシュと小屋横の30mくらいか?

むしろ唐松攻略は勾配が緩くなる所をどれだけ踏めるかにかかっている(自分の場合)
まずは、序盤の酒屋だっけ?商店のあるあたりの緩斜面、
あとは下室田方面への分岐を越えて梅林のあたり?2段構えの坂のところとか
不動様のところの急勾配左カーブ抜けてから激坂までの区間とか
宗教を通りすぎて待避所みたいに道が広がるところとか
つづら折れの外側を通るときとかも。
特に後半は平均勾配で10%超えてくるので脚がやられるけど緩斜面を休むとダメ
PMつけている時も見る前に意識的に踏んでいくようにしています。

以前聞いたことがありますが赤城旧道で50分切れると年代別で入賞できる伝説を
唐松に当てはめてみると現在の急激な年代別のレベルアップを考えると
一区切である50分切りでは厳しいか、46〜47分なら入賞狙えると思う。
45分切れれば年代別クラス優勝できると思います。
自分をはじめ同じく唐松ホームなハラダさんやギザロさんも赤城や富士山国際で優勝してますし。
メジャー大会のエキスパートで入賞目指すなら
やはり41〜2分くらいじゃないと厳しいような気がします。

でもま、緩斜面あり激坂あり信号なし交通量少ない走りやすくていいですよ。

11/22の日記
忘れたw
自転車通勤のみ
ちからがでなくてゆるゆると

11/23の日記
早起きして赤城越えて山水新そば祭りの予定ががが
だらだらと朝起きて9時過ぎに出発して
なんか力が出なくて畜産まで登って退散
800kJくらい (´゚ω゚`)ショボッ
晩御飯はひとりなので刺身に和惣菜に自家製煮豚とか
飲みすぎ寝落ち

11/24の日記
唐松ミーティングに参加しますと前日宣言しといて起きたら6時過ぎ
どうあがいても6時半の集合には間に合わないのですみません。
不貞寝なんもやる気が起きん。
13時半過ぎにコレじゃいかんとMTBで出動テキトウにCRと前橋市内を流して終了
( ´・ω・`)< ショボいな

なんか天気最高の二日間だったのにしょぼすぎる内容
根底は飲みすぎてリズム狂ってるってとこか。体重も57kgくらいだし
そんなわけで30日土曜の唐松アタックは準レースモードな調整して行きます。
といっても、木曜金曜禁酒してノートレで疲労抜くくらいですが。

それにしてもどうも赤城後行きます言っておいて間に合いませんすみませんが多すぎる
迷惑な奴に成り下がっている件
どれもこれも結局前日に飲みすぎている気がする、トッシーさん祝勝会での失態もあるし
意識的に酒量を減らそう。トレーニングでの回復も明らかに遅れるしね
12月の目標はウイークデイ禁酒